消費者金融はこう使いなさい

消費者金融キャッシングのメリット

消費者金融でのキャッシングは非常に便利であり、その利便性から借り入れをする人が増えてきていると言われています。最近では、店舗での申込みだけではなく、インターネットやスマートフォンからも申込みが出来るようになり、24時間365日申込みをすることが出来るようになりました。

 

このため、消費者金融での借り入れも手軽に申込みをすることが出来るようになりました。

 

しかし、消費者金融でのキャッシングには、それ以外にも、さまざまなメリットがあると言えるでしょう。

 

まず、消費者金融は、貸金業に特化していると言うこともあり、キャッシングのスピードが早いという特徴があります。早いところでは、審査まで最短30分で審査が終了しますし、即日の振り込みにも対応をしているところがほとんどです。このため、急に出費がありピンチになってしまったという場合や、すぐにでも現金が必要であるというタイミングでも利用をすることが出来るというメリットがあります。

 

日々生活していると、どうしてもお金が必要になってしまうことがありますが、こういったタイミングにも対処することが出来ると言えるでしょう。

 

さらに、最近では、大手の消費者金融で実践されているのが、無利息キャンペーンとなります。

 

こちらの無利息サービスを利用することで、短期の借り入れや少額の借り入れ、またすぐにでも返済をしたいという場合には、銀行よりもお得に借り入れをすることが出来るのも大きなメリットです。

 

レトロゲームに思いをはせる

人によってレトロゲームと位置付けられるゲームは違いがありますよね。ファミコンやMSX、X68000がレトロゲームと認識する方もいれば、DSやWiiがもうレトロゲームに位置付けされる場合もあります。

 

私の場合は、ポリゴン機能が注目されたゲームや、携帯ゲーム機が人気だった第4から5世代ゲーム機と言われるレトロゲームに強い思い入れがありますね。3DOから始まった据え置き機では、セガサターンやニンテンドー64、プレイステーションなど、その後のゲームの方向性を決定づける名機ばかりです。名作ソフトも豊富で、子どもの時に友達と集まって楽しんだ思い出が蘇ります。

 

携帯ゲーム機でも、ゲームボーイでポケットモンスターを何百時間と遊びましたし、電池の燃費が悪い意味で凄まじいゲームギアと比較して、縦向き横向きに対応したワンダースワンは、1本の電池で30時間以上長持ちするので非常に驚いた記憶があります。当時ネオジオポケットを購入した3日後にネオジオポケットカラーが発表されたことも、ほろ苦い思い出となっていますね。

 

最近は、当時購入したレトロゲームをたまにプレイしています。今プレイしても面白い作品ばかりで、最新技術を使用したゲームに面白さでは負けていません。説明書が付属しないゲームソフトも増えていますが、昔は説明書を読むだけで楽しかったです。

 

もちろん、最新ゲームを否定する訳ではなくて、ゲームの本質的な面白さは時代が進んでも変わることがないことに、レトロゲーマーとして嬉しさを感じます。

消費者金融での借金に困ったら 専門の相談機関に連絡しよう

消費者金融からお金を借りたはいいけれども、返す事ができないで悩んでいる人もいます。そんな時には一人で抱え込まずに、専門の相談機関に連絡してみると解決の糸口が見えるものです。ではどんな相談機関があるのでしょうか。

日本弁護士連合会

借金に関して相談に乗って欲しい、債務整理について聞きたい事があるなど借金の事で困っているのなら、日本弁護士連合会や日本司法書士連合会に連絡をしてみましょう。名前の通りで日本弁護士連合会では弁護士の人が日本司法書士連合会では司法書士が相談に応じてくれます。

法テラス

借金の事で相談したい時に専門家の力を借りたくてもその事にお金がかかるので、不安という人は日本司法支援センター法テラスあるいはクレジットカードカウンセリング協会に連絡してみましょう。

 

法テラスにおいては収入や財産が一定以下の人に対して弁護士や司法書士への無料相談や債務整理に必要になる費用を立て替えてくれたりします。また日本クレジットカウンセリング協会なら、弁護士資格のある弁護士カウンセラーが相談に応じてくれますし、状況によってはそのまま任意整理の手続きもしてくれます。

多重債務相談会に連絡する

多重債務をしてしまい、困っているのなら消費生活センターが定期的に開いている多重債務相談会に参加してみましょう。多重債務相談会では直接に弁護士などの専門家に悩みを打ち明ける事ができます。

 

消費者金融を利用したものの返済計画が狂って、借金に苦しんでいるのなら専門機関に連絡してみましょう。

 

資金繰りが厳しい…

親族の経営する会社で経理を担当しています。以前は別の仕事をしていましたが、経営が苦しいから手伝え、とのことで、この仕事始めました。

 

自営業の悩みといえば、資金繰りに尽きます…。毎月、資金繰り表の前で頭痛がしています。

 

業績が厳しいので、従業員に給料を支払い、仕入先に買掛金を支払い、銀行に借入金の返済と利子を支払い…、としていると、自分たち家族分の給料は残りません。そのため、もう1年近く給料は減ったまま、時給にすると500円くらい、しかも、資金繰りが厳しいときは、私含め家族から個人的に会社に資金を貸付している状態で、それも返ってくる見込みもなく、もう人生詰んでます。

 

そもそも、先代が少し資金が足りなくなると、すぐあちこちの銀行から借り入れしまくっていたため、借入金が膨らみ、現在は毎月利息を搾り取られています。

 

売上は毎年ダダ下がりなのに、返済+利息額は変わらず、保証金に至っては昨年から倍増。

 

会社を潰そうにも、零細企業ゆえ先代が連帯保証人になっており、会社を畳むわけにもいきません。その点大企業はいいですよね。なにか不祥事があれば辞めるだけで責任とったことになるのだから。

 

人件費などを削って経費削減しても、それ以上に売上が落ちているので、どうしようもありません。どんなに忙しく働いても、ボーナスすら出ない会社なんて、従業員のモチベーション保つのも難しい。

 

かくして、借金のためにただ会社を続けているだけで、誰も幸せにならないこの企業を存続する意味なんてあるのでしょうか。